×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

《(廃)音信隧道》(仮称) 【5:入りたくないけど奥が見たい】

探訪日:2009. 3.29
提出日:2009. 8.14
 
産業廃棄物を埋めたその下に隧道の坑口が埋もれている…。それも延長が100m近い素掘隧道。
その事実を知った後に一番嬉しくないと思うのは…“その反対側の坑口を発見して、しかも物理的に中へ入れてしまうという事。”
えっ!?「アンタ、何でトンёコレやってんのさ?」と、そんな声が聞こえるかも知れませんけど…本当に前回(4ページ)の探訪以来、憂鬱でした。
ハイ、そうなんです!前回はレンズが曇ったのを恰好の言い訳としてあの後の画像が無いんです…。なので、今日は再チャレンジな訳です。
因みに…その2009年1月18日にはもう一件“入洞を挫折する”事になりました。1月18日なので…(中途半端でも)“いいや”ですか。

あ~あ、来ちゃった…。どっかで聞いた様な…(思い出すにはこちらをどうぞ。)
そんな気持とは裏腹に天気は快晴な2009年3月29日11:34。また音信山林道のあの場所へ到着しました。
3月29日なので…(今日こそは奥まで)“見に(い)く”ですか。えっ?かなり無理があるって?
現在地は右の航空写真(動かせます)では[+]の所で、そこから上(北)に向かって撮りました

今日もあの尾根の真下、
この下に眠る隧道に会いに逝くのです…。

このページ一番上の画像の尾根から音信山林道を振り返りました。(左画像)
今日も例の急坂を下りて直ぐ右の斜面を滑り落ちる事になります…。(右画像)

転げ落ちてあの場所に到着。時刻は12:01…ここでランチタイムとしたいけど、リュックの中身は2台のHIDライトと水と撮影関係用品だけ。
“三度の飯より隧道が好き”というよりは、“あの穴を考えると食事も喉を通らない”が正直な気持でした。(←ちょっと大げさですよねぇ…。)
左のあの不法投棄は何だって?ハイ、撮影時にウッカリ一緒に撮ってしまったのですが…左の植物にぶら下げてあるリュックは私の物です。

今日は快晴で明るいけど…
本当に不気味…。
本当にタイトル画像に困る物件なんですよ。f^^;

縮小すると穴を撮った様には見えなくなってしまうし…。

坑口の前には上から落ちた土砂が積もって、それに植物が茂ってしまって…穴の形状が判りません!(左画像)

“隧道という魔物”がオレンジ色の歯牙をむき出しにしていて、今から奴に食べられる!?様な錯覚も感じてしまいます!(右画像)

坑口の様子を撮りたいけど…
本当に近くまでに近づかなくてはならないので、左の列の画像を繋ぎ合わせてパノラマにしたのがトップページにあったあの画像です。
右の列の画像はパノラマを全く意識しないで撮ったものです。

さて…前回(4ページ)できちんとお見せできなかった坑口を披露する事が出来て満足したので、中へ入ります。
今日も水没してます…。
あれ?前回(4ページ)よりも水位がちょっとだけ高い気がする…。
(歩く音)ネチャッ…ネチャッ…。
(やがてはジャブジャブ…。)

Σうわっ!水に入りながら…天井に黒い動く塊が多いのに気が付きました。あぁ…天井が低い隧道でこれが嫌なんですよ…。(左画像)
右の壁にはカマドウマさんが密集して居ます。(右画像)

あっ!そうだ、前回は水面をちゃんと撮って無かったでしたっけ。
まだ透明のウチに撮らなきゃ。
歩くとミルミル濁っていく訳なんですが…

あの白い紐だか…電線だか…何だか判らないアレもまだ沈んでいました。

因みに…この隧道全体で最奥でも人工物らしき物や空き缶等のゴミはありません。
唯一、この白い紐状の物だけがこの隧道内で見た人工物だと思います。

前回は…あの陸の手前、光が集中している辺りでドロデロヌタヌタズボッ!?って足を取られて本当に恐ろしかったんですよ。(左画像)
へへへ…今日は新兵器を装備したからヘッチャラですよ。v(^o^)v 最悪は胸まで水に浸かっても平気さ!…たぶん。(右画像)

そうやって陸地に近づく…。
あっ!そうだ、ここで後ろを振り返ります。

唯一だと思われる出入り口が水没しているっていうのは精神的によろしくないです…。
さて、いよいよ陸へと上がります…。

やはり…正面からは『熱帯植物園』の様な温かい湿った モワ~ がこちらへ続々と流れてきます。




↓ハイ、前置きが長くなりましたが…これからが本番です。↓



前回はこの山に上らずに挫折したっけ?
今日は月面に着陸した気分♪

と…その時!?ハイ、前回の通り。初めから分っていたし予想はしていたけど…ここはお風呂やサウナの中じゃないってば!(両画像)
そのまま入ってきた明かるい方を振り返って見ました。(右画像)

その10分後。
急激な温度変化にゆっくりカメラを慣らしてから…予め用意していた眼鏡拭き用の布でレンズをフキフキ…。

靄攻撃なんて平気さ、ざまぁ~みろ!
そのまま左に視線をやると…居た居た…。

といいつつも、先ほどから彼らの仲間が数羽、既に回っていたりもします…。^^;
(残念ながら撮れてません。)

さて、もう一度振り返ります。

今度は天井から…↓

→下まで…。

ハイ、これも綺麗にパノラマ合成が出来なかったのでこうなりました。


さぁ…
ここで一歩前に出たらタマゲました!!

《画像にマウスカーソルを重ねるかクリックで、ここから一歩前に出た事になります。》

さっきから変な匂いが嫌だなぁ…
と思っていたら足元に気づきました!
鳥の糞みたいな…
ウサギのウンコみたいな…
黒い粒が沢山!?

その黒い粒の上には…。(左上画像)

近くで見ると…
モフモフ可愛い(ハートマーク)。(右画像)

左の壁にも沢山!(左下画像)


あぁ!?冬眠から覚めつつある様子です。

その先はやや右へカーブしている様です。

そういえば…
さっきからずーと上っているけど…ちょっと坂きつくない?洞床が見えないし…。

右へとカーブした先は…
ふぅ~…。行止まりかな?

またレンズが曇ってきたので、一旦休憩。
 
画像には上手く写らなかったんですけど…この時、冬眠から覚めてしまった蝙蝠さんが数羽飛び回り始めています!!
この日、私は初めて徒歩で蝙蝠さん達に遭遇してかなりビビっていましたヨ。もしかしたら噛まれるのか?と思ったし…。f^^;
頼むから…これ以上、蝙蝠さん達が大騒ぎにならないくれ…。そう願いながら…レンズを拭きフキ。ついでに汗も拭きフキ…。
さぁ~て、あそこへ上ってみますか…。
 
 このサイトのトップページへ戻る前ページ次ページ